Deep Blue

deepbluesr.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

アフターファイヤー対策(Q)+キャチタンリアブレネジ & 走り納め

みなさん。こんにちは~

家の掃除がひと段落してやっと連休モードになったあおです。

今日はアフターファイヤー対策の総仕上げをしなければなりません。

と、その前にリアブレーキのアジャストスクリューをこんな風にしてみたり・・・・
a0212783_16574546.jpg


かっちょいいオイルキャッチタンクを付けてみたり・・・・
もうこれでクランク周りやリアフェンダーがブローバイで汚れたりしなくなるはずです^^
a0212783_16581466.jpg


このあと、カムチェーンテンショナー、タペットクリアランス共に確認すると調整不要の状態でした。
ただ、タペットカバーのOリングがIN,EX共に交換要。
また、タペットアジャストスクリューをXV750のものに交換する必要があります。
また来年交換することにします。

そしてあお号始動。
a0212783_165892.jpg
a0212783_16584130.jpg

うちは住宅街にあるので、キャブ調整を家の前ではやりにくいです。
なので、近所の公園まで走っていって調整しました。
a0212783_16583824.jpg
a0212783_1659624.jpg
a0212783_16585967.jpg


やっとアフターファイヤーを出なくすることができましたよ^^

これで平成24年の走り納めです。

皆様、今年一年 Deep Blue を応援してくださりありがとうございました。
また来年もいい年でありますように。
良いお年をお迎えください^^

[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-31 17:11 | メンテナンス | Comments(10)
2012年 12月 30日

雨でQになりません

みなさん。こんにちは~

今年ももう残すところ2日ですね。
早く大掃除を終わらせて遊べるようになろうと頑張っていますよ^^

先日パワーアップしたところですが、SRの部品をとある筋から大量入手いたしまして・・・^^;
これからまたコツコツと自分で取り付けして行こうと思っていますが、これがまた・・・・一部設計が必要だったりする上に大変な作業量となりそうです。
趣味でやっているのでうれしい限りですが、あんまり乗れなくなるのも面白くないので、バランスをとりながら作業して行きたいと思います。

昨日はSJの58番をFCRに装着したら日没で、ニードルの調整などができていない状態のままとなってしまっています。
今日の高松は雨なので、またまた調整・確認ができない状況w
このまま年越しかなぁ・・・・
天気が良ければ明日。大晦日でもあお号走らせますよ^^

あお号のマフラーをゆくゆくはサイドアップにしたいと思っているのですが、理想の写真を見つけました。
a0212783_14111735.jpg
a0212783_1411675.jpg


ドイツからエキパイを輸入して取り付けステーとヒートガードをワンオフすればいけそうかな・・・
太ももがやけどしそうだけどどうなんだろ??

まぁ、将来構想ですけどやっぱりサイドアップが最も理想とする形なんですよね(笑)
[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-30 14:17 | 雑記 | Comments(6)
2012年 12月 24日

アフターファイヤー対策など (破)

みなさん。こんにちは~

今日はクリスマス・イヴですね。
高松は久々に晴天ですが、気温が低いです。
クリスマス寒波というやつみたいですね・・・

でも、今日は昨日の仕込みの確認をしなければなりません。

外の気温は5度くらいですが陽が照っているので少し暖かい感じがします。

結論としてジョイント部にシリコンガスケットを塗りましたが、アフターファイヤーは解消できませんでした。
でも、ジョイント部からの排ガスの吹き抜けがなくなったので、良い状態にはなっているはずです。

乗る前にマフラーのジョイント部をまし締めしてからエンジン始動。
山に試走に行くと寒そうなので海の方へ走っていきました。

a0212783_18345839.jpg
a0212783_1835199.jpg
a0212783_18353397.jpg


走っていると、どうもアイドリングが安定しません。
大きな交差点の右側車線で信号待ちしてるとエンスト(汗
なんだか突然エンジンがストールしそうになります。

キャブは先日分解したら結構きれいでした。
あとは点火系ですね。

プラグを見てみると、 BPR7ES と、冷え形が付いています。
アフターファイヤー対策にもなりそうなので、1番手落として BPR6ES を付けたところ、アイドリングはとても安定してエンストの心配もなくなりました。
アフターファイヤーは相変わらずスロットルオフでポンポンポンと出ます。

冷え形のプラグはまた来年の夏前に付ける事にします。

昼が来たので家にかえると、造形社から山中湖ミーティングのステッカーが送られてきていました。
カスタムバーニングの応募はがきを送っていましたが、先着20名にはこのステッカーをくれるそうな・・・・
そんなに早く着いたんだww メットが欲しかったんだけど・・・w
a0212783_18443793.jpg


次のアフターファイヤー対策はエアクリーナーの取り付けです。
このように付けました。
a0212783_18444158.jpg

以前、ファンネルむき出し仕様でベストセッティングが出ている状態でこのフィルターを付けたら、カブリ気味になりました。
これで空気量が減って燃料リッチになるので、アフターファイヤーは無くなる方向です。

あと、クラッチが重くなりましたw
前のエンジンではクラッチのばねを新型に変えたりして少し軽くなってたんですが・・・
534に新型ばねでもいいのかなぁ・・・? まぁばねを替えるのも結構大変だからしばらくはこのままです^^;
とりあえず、クラッチワイヤーに注油しておきました。

長い下り坂であればスロットルオフ状態でアフターファイヤーの検証ができます。
ということで、高山航空公園に登って行ったら雪に降られましたw 寒かった~

エアクリーナーの効果が多少出ているとは思いますが、これでもアフターファイヤーが出ますw
a0212783_18452964.jpg

こうなると、SJを大きくするしかありませんねw
ところが、パーツ屋に行ったら置いてないと・・・w
お取り寄せですねw
a0212783_1845143.jpg


次のアフターファイヤー対策はSJの交換ですw 次回で完結予定www

タペット調整もしなければならないと思うのですが、また今度にします。寒いしww
[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-24 19:09 | メンテナンス | Comments(8)
2012年 12月 23日

アフターファイヤー対策など (序)

みなさん。こんにちは~

寒くて外に出るのがとてもつらいあおです。
とはいいながらも昨日はゴルフに行ったり・・・

今日も朝から外気温7度くらいなのに外のガレージで作業ですww
どうしてもやっておきたいことはありますからね・・・・ そっち優先(笑)

534と化したあお号ですが、アクセルオフでアフターファイヤーが出ます。
エアクリを被せてしまえばガスが濃くなって収まると思っていました。

ある方から、アフターファイヤーの原因について教わったところ、

 ・排気管途中からのエア吸い込みによる場合
 ・スロージェットが小さい場合

にも出るので、特に排気管の方はエアクリを被せる前にやってみてはどうか。
と言うことだったので、とりあえず排気管ジョイント部のエア吸い込み対策をやってみることにしました。
 
ステップ下にマフラーのジョイントがありますが、吹き抜けて黒く汚れています。
これでは吹き抜けることもあれば吸い込むこともありそうです。
ついでに言うとマフラーがまだら焼けして汚いですねw
a0212783_157476.jpg

ということで、エキパイを400番の耐水ペーパーで磨いて焼け色を落としました。
本当はもっと目の細かいので仕上げるといいと思います。
私はここまでw  
だってまたすぐにまだら焼けするから・・・^^;
a0212783_1574945.jpg

そして、今回使ったのはこのガスケット。
Permatex Sensor safe ULTRA COPPER です。
カッパーっていうから銅が入ってるかと思いましたが、そうではなくて耐熱性のあるシリコンガスケットで、繰り返し組んだり外したりするのに適したものです。
合成ゴム系の接着剤タイプだと、ジョイントに塗るとちょっとやそっとでは外せなくなりそうなので、選ぶ時に注意しましたよ。
a0212783_1573341.jpg
a0212783_1583486.jpg

接合面に指で塗ってはめ込んだところです。
オレンジ色がガスケット。
乾燥時間が1時間、硬化時間24時間(at21℃)だそうなので、今日のところは締め付けずに放置します。
そうでないとガスケット膜が締め付けで薄くなってしまいそうですからね。

a0212783_1584623.jpg


さて。これでアフターファイヤーが収まらなければ次なる手は・・・・・

エアクリ被せますかね。
それでも変だったらジェットかなぁ・・・
エアクリ被せてパワーが落ちたらまたファンネルむき出し仕様かなぁ・・・・

ちと考え中(笑)

明日試走予定です。
[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-23 15:56 | メンテナンス | Comments(2)
2012年 12月 16日

Q-tenkai

みなさん。こんにちは~

今日は選挙でしたね。みなさん投票しましたか?

投票所で清き一票を投じて嫁を待っていると携帯が鳴りまして・・・・

あーさんから準備OKとの連絡。
いよいよ来る時が来たようです。

トレッセルに行くとがぜさんが来ていました。久々の再会。
a0212783_20252789.jpg


あーさんのバイクはまだこの状態。
a0212783_20242567.jpg

エンジンはとてもきれいですね。
a0212783_20243737.jpg
a0212783_20244880.jpg


今日は、今後の予定調整と思ってトレッセルにいったのですが・・・

あれよあれよと言う間にこの状態に。
a0212783_20251326.jpg

そしてこうなって・・・
a0212783_20254156.jpg

こうなって(笑)
a0212783_20305542.jpg

初ヤッコ。
a0212783_20255227.jpg

そして、あお号のパワーアップ完了^^;
ついでにフロントスプロケットは16丁に変更してもらいました。
a0212783_202633.jpg
a0212783_20261490.jpg
a0212783_20262427.jpg


あれよあれよと終わって私もあーさんもびっくりの急展開でした(笑)

私以上にがぜさんの方が急展開な気もするけど・・・

キャブはMJ175、SJ55、OCEMS4段に合わせましたが、エアクリを被せていないので帰りはパンパンとアフターファイヤーが出ます。これはエアクリを被せるだけで調子よくなると思います。
それにしてもスピードの乗りが当然のことながらぜんぜん違いますね(笑)
もうあお号は今までのあお号ではありませんよ・・フフフ
[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-16 20:56 | メンテナンス | Comments(8)
2012年 12月 09日

モレモレタンク ni ライニング (Q)

みなさん。こんにちは~

もう超寒いですねw
長時間外にいたりバイクに乗ったりするのはかなり厳しい感じですww

とはいうものの乗りたい私^^;

タンク内面コーティングしてから1週間経過しています。
でも、給油口からはいまだに有機溶剤のにおいが・・・w VOC~ww

これって乾ききってないってことですよね!ww

最近、気温が10度くらいまでしか上がらないのでなかなか詰めの乾燥ができていません。

コーティングの時に入れたライニング剤の50%以上を注射器で吸い出すことができなかったのが元凶なんでしょうか・・

とは言っても、先週の動物乾燥機による2時間に及ぶ乾燥でほとんど乾いてはいるみたい。

なので今日は、もう一度ダンボールで乾燥することにしました。

前回は700Wのくるくるドライヤーを使いましたが、今回は1200Wの強力ドライヤーを使いました。

温度は55度。時間は30分。

タンクからは溶剤のにおいがしなくなりました。
これで完全乾燥。
ガソリンが入れられる状態になったわけです。

寒い中、タンクを取り付けて、ガソリンスタンドへあお号を押して行きました。

どきどきしながらまずは500CCほど入れてタンク底部を確認。

 漏れなし。

次に1リットル入れて、フィラーキャップを締めてスタンドの隅っこでしばらく様子見しました。

それでも漏れはなかったので、とりあえず、今回のライニングはうまくできたみたいです。

仕上げに満タンまでガソリンを入れていると、原付のおじさんが、あお号にとても興味を持ってくれたみたいで、しばし談笑していました。

そのあとはお決まりの周回コースへ。
気温は5度くらいだと思います。
もうむっちゃくちゃ冷えて帰ってきましたが、やっぱり楽しいです^^

a0212783_16361765.jpg


お次はいよいよパワーアップの巻かな??^^
[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-09 16:46 | メンテナンス | Comments(14)
2012年 12月 02日

モレモレタンク ni ライニング (破)

みなさん。こんにちは~

やっぱり12月は寒いですねぇ。
こんな寒い日に朝から外で作業だなんて・・・・ww
まぁ、あお号のためですから仕方ありませんね^^;

今日は昨日洗浄しておいたタンクを、wako's タンクライナー でライニングして乾燥させる作業です。

時間的に余裕の無い作業が続くので、ほとんど写真を撮っていません。
忘れ防止も兼ねて作業要領を残しておこうと思います。

--------------------------------------------------------------

(要領)

1.事前乾燥
 ・給油口にドライヤーを突っ込んで乾燥させる。
  (洗浄後であることが前提。ガソリンの残った状態でやると爆発するw)

2.マスキング
 ・塗装面に保護養生する。
 ・乾燥工程では剥がすので、剥がしやすく工夫する。
 ・ガソリンコック取り付け穴に盲栓する。

3.作業環境セッティング
 ・乾燥機、床養生、シリンジ、チューブ、計量カップ etc

4.ライニング
 ・室内で温度を室温にしておいた主剤を割り箸で混ぜる。
  沈殿物が完全にとけ切るまで混ぜ続ける。5分くらいかかる。
 ・主剤を96ml、硬化剤を24ml、計量カップに入れて混ぜる。
  ライニング剤が120mlできる。
 ・給油口からライニング剤を入れる。
 ・パークリの付いたウエスで給油口を拭いてからガムテープで×に塞ぐ。
 ・タンクをゆっくりと回転させる。
  たてまわし、横回し、たて逆回し、横逆回しを2~3セットやる。
  気泡ができないようなイメージでゆっくり回す。
 ・タンクのガソリンコック部の盲栓を外して、シリンジの付いたチューブを突っ込み、余分のライニング剤を抜き取る。入れた量の50%以上の60mlくらいは抜きたいところ。

5.乾燥
 ・タンクを乾燥器内にセットしたら硬化するまで動かさない。
  中途半端に動かすと、内面にツララができるらしいw
 ・タンクのマスキングを剥がす。
 ・ドライヤーをセットして電源投入。
 ・温度を40~50度くらいになるように時々温度計を確認する。
  推奨の70~80度にすると、気泡のできる100度に温度が近く、失敗する可能性が高くなるので、低い温度でじっくりと乾かす。
 ・2時間経ったら乾燥完了。
  これでほぼかちこちに乾燥している。
 ・念のためさらに1週間自然乾燥させる。

とまぁこんな感じです。

傷をつけずにタンクを置けるように。
床面を汚さないように。
a0212783_1533736.jpg

乾燥風景。動物チックですねぇ・・・(笑)
これで55度くらいの温度まで上がりました。
ちなみに今日の外気温は9度でした。
a0212783_15332254.jpg

バッチリコーティングされています。
もう1回コーティングしようかとも思いましたが、やめました。
余分を抜き取るのに60mlは抜かなければならないのに、30mlしか抜くことができませんでしたしw
それで、2時間きっちり乾燥させました。
a0212783_15333657.jpg


来週には組み付けてガソリン注入です。
[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-02 16:03 | メンテナンス | Comments(14)
2012年 12月 01日

モレモレタンク ni ライニング (序)

みなさん。こんにちは~w

今日ツーリングだった人もいるみたいですね。
天気もいいし、ちょっと寒いけど走るのは楽しいですよね~  (泣)

あお号はタンクからガソリンが漏れるので、沈黙を継続しておりますw

そこで、これを買いました^^
wako's のタンクライナーです。
通販で5千円弱とそこそこいい値段しますが、20リッターのタンクを2回コーティングできる分量が入っています。
うちのタンクは10リッターなので、倍の4回コーティングできるのかと思いきや・・・w
必要な分量は20リッタータンクより多少少ないですが、コーティングできる回数は2回みたいです^^;
a0212783_18244763.jpg


あお号のタンク内面は錆びていないので、洗浄工程から開始。
っとその前に・・・w

あお号のタンクキャップはTWM製なのですが、パッキンがヘタって・・・
びろびろ~ん・・(泣)
a0212783_18245860.jpg

びろびろびろww(大泣)
ガソリンが塗装に悪さしてるみたいです。
a0212783_18251119.jpg


こんな状態でタンクを水洗いしたら、びろびろの塗料とタンクの隙間に毛細管現象で水が吸い上げられちゃいますね・・・w その後は錆びですね。

なので、ガソリンには弱いけど水には強いシリコンーラントで先ほどのびろびろの隙間を埋めました。
耐ガソリンのシール剤は塗装を傷めたり、盛れなかったり、固まらなかったりといいのが無いので苦渋の決断ですw
タンクキャップのパッキンは新調することにします。
a0212783_18252389.jpg


びろびろの水対策ができたので、いよいよ洗浄作業に入ります。
使うのは「すすいだ瞬間キュキュット落ちてる」らしい キュキュット です。
これでいつも油の付いた手を洗っていますが、とてもよく落ちます。

しかし、タンクに水を入れるというのは生まれて初めてです。
キュキュット を景気よく入れて、その後はぬるま湯を注ぎ込んで数回シェイク!
a0212783_1827776.jpg

腰が痛くなってきたので、すすぎ工程に。
洗剤を大量に入れたので泡がいっぱい出ます。
a0212783_18272163.jpg
a0212783_18273940.jpg

けっこうな泡モコ状態に・・・w
a0212783_18275240.jpg

すすぎが終わったら乾燥です。
給油口にドライヤーを突っ込んでみましたが・・・
給油口真下にコックの穴があって底からストレートに排気されてるみたい。
a0212783_1828784.jpg

気温も低いし、全体加温して乾燥させてみることにしました。
使うのは今回作成した乾燥マシーン。
マルナカでもらったダンボールをガムテープでつなぎ合わせて・・
a0212783_18282055.jpg

700Wのドライヤーを突っ込んでいます。
水を飛ばすならばもっとハイワッテージなドライヤーが良いでしょうね。
a0212783_18283226.jpg

温度計付き(笑)
a0212783_18284424.jpg

この乾燥器はタンクライナーを50度くらいで乾燥させる予定のものなので、このセッティングなのです。
温度は最終的に50度くらいまで上昇しましたよ^^
a0212783_18285773.jpg

ドライヤーにも囲いを付けて騒音対策w
a0212783_1829445.jpg

1時間乾燥させて、初期温度20度くらいから40度くらいまで乾燥器内温度が上がりましたが、乾燥具合を確認すると、タンク内にまだ少量の水が残っていました。
さらに30分程乾燥させると、乾燥器内温度は50度近くとなり、タンクを振ってもちゃぱちゃぱいわなくなりました。

ここで17時となり、今日の屋外作業は日没終了です。

明日の内面コーティングのために、塗装面にマスキングをしておきます。
a0212783_1830048.jpg


あした天気が良かったらコーティングをします。
コーティングは2回するのがいいそうですね。
明日できるかなぁ・・

早く復活させるために頑張らないと・・・(汗)
[PR]

by deep_wr_blue | 2012-12-01 20:40 | メンテナンス | Comments(0)